第4回:新型3輪トラックにイタリア的準天然レトロを見た!(大矢アキオ)

2007.08.18 エッセイ

第4回:新型3輪トラックにイタリア的準天然レトロを見た!(大矢アキオ)

3輪トラック、健在

イタリアにおける商店街の風物詩といえば、3輪トラックである。
ミラノやトリノなど交通の激しい大都市で見かけることは少ないが、中部以南の街では今もどっこい健在だ。中世以来の狭い街路もドンと来い!の小まわりは、4輪にない大きなメリットなのである。さらに、50ccのガソリン仕様は、14歳になれば筆記試験の原付免許だけで運転でき、かつ税法上も原付扱いなので維持費は激安だ。

その3輪トラックを「アペ(Ape=働き蜂)」という名のもと、1948年以来製造しているのはピサ県にあるピアッジョ社である。あの「ヴェスパ・スクーター」と同じメーカーだ。

そもそもアペの誕生自体が、ヴェスパに荷台をくっ付けたものだった。今日までにピアッジョは、200万台を超えるアペを生産している。イタリアはフェラーリの国というより、アペの国なのである。

そのアペに、ちょっとした異変が起きている。そこで今回は、アペ研究の第一人者? である筆者が、その最新事情についてお伝えしよう。

「アペ・カレッシーノ」。まるでプラモとフィギュアである。
「アペ・カレッシーノ」。まるでプラモとフィギュアである。
庭に佇む趣き溢れる「アペ」。シエナ郊外にて。
庭に佇む趣き溢れる「アペ」。シエナ郊外にて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。