「ルノー・クリオ」にワゴンモデル登場【フランクフルトショー07】

2007.08.17 自動車ニュース

「ルノー・クリオ」にワゴンモデル登場【フランクフルトショー07】

仏ルノーは、2007年9月11日から23日までドイツで開催される第62回フランクフルトモーターショーで、コンパクトカー「ルノー・クリオ」(日本名ルーテシア))のワゴンモデル「クリオ・エステート」を世界初公開する。

スタイリングは今年3月のジュネーブショーで公開されたコンセプトカー「クリオ・グラントゥール(Clio Grand Tour)」に近い。
「クリオ・エステート」の全長は、ハッチバックモデルに比べて約200mm長い4200mm。リアシートを立てたままの状態でも439リットルのラゲッジスペースを確保している(ハッチモデルは288リットル)。

昨年ルノーは、ヨーロッパ地域で47万5000台の「クリオ」を販売した。また、フランス国内販売では毎月トップ3の常連である。ただし、ライバルの「プジョー207」に存在するワゴン仕様が欠落していた。

今回の「クリオ・エステート」投入により、猛追する207とのセールス合戦はますます激化しそうだ。
また欧州の平均的ユーザーにとって「クリオ・エステート」は、フランクフルトショーで同時発表されるルノーの高級モデル「新型ラグナ」より、身近で真剣な検討対象になるだろう。

(文=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA/写真=ルノー)

クリオ・エステート
クリオ・エステート

「ルノー・クリオ」にワゴンモデル登場【フランクフルトショー07】の画像
2007年3月ジュネーブショーで公開されたコンセプトカー「クリオ・グラントゥール」。
2007年3月ジュネーブショーで公開されたコンセプトカー「クリオ・グラントゥール」。

「ルノー・クリオ」にワゴンモデル登場【フランクフルトショー07】の画像

関連キーワード:
ルーテシアルノーフランクフルトモーターショー2007イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 「ルノー・ルーテシアR.S.」にF1マシンをイメージした限定車 2018.5.17 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年5月17日、「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「ルーテシアR.S.18」を発売した。50台の台数限定で、同月21日まで購入の申し込みを受け付け、希望者多数の場合は抽選販売となる。
ホームへ戻る