【スペック】全長×全幅×全高=5082×1891×1466mm/ホイールベース=3048mm/車重=1886kg/駆動方式=FR/6.1リッターV8OHV16バルブ(431ps/6000rpm、58.0kgm/4800rpm)

ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【海外試乗記(後編)】

新世代の逸材(後編) 2007.08.17 試乗記 ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)
6.1リッターのHEMIエンジンを搭載する「ダッジ・チャージャーSRT8」。431psを発生するハイパフォーマンスバージョンの乗り心地とは。
エクステリアに比べればいささかビジネスライクなチャージャーSRT8のインパネ周り。ベースとなった300Cとの違いは、目立ったところではメーターフード/パネルの造形くらいのもの。ステアリングホイールの上辺はカーボン調レザーがあしらわれる。
ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【海外試乗記(後編)】

落ち着ける室内

「ダッジ・チャージャーSRT8」のドアを開ける。“SRT8”のロゴが刺繍された、たっぷりとしたサイズのシートに身を預けると、実車を目の当たりにしてはやっていた気持ちが幾分和らいだ。サイドサポートが大きく張り出したフロントシートが、178cmの筆者をすっぽりと包み込んでくれたからだ。バックレストのセンター部分にスウェードがあしらわれたシートのかけ心地はあくまでもソフト。ハイパフォーマンスモデルともなれば、その足まわりと同じようにシートも革がピンと張り詰めたものが多いように思うが、チャージャーSRT8は少々趣きが異なる。

それはインストゥルメントパネル周りの造形にも同じことが言えて、運転席からの光景は300Cのそれとあまり変わることのない、あくまでビジネスライクなスタイルを通している。仔細に観察すれば回転/速度計などがそれぞれ独立していることや、ステアリングホイールの上辺にカーボン調レザーがあしらわれていることに気づくが、それとて決して目を惹くようなものではない。余計な装飾を施さず、あえて流用パーツを隠そうともしないその潔さは、アフォーダビリティを旨とするダッジらしい仕立てと言えるだろう。

関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
ホームへ戻る