【スペック】全長×全幅×全高=5150×1875×1475mm/ホイールベース=3090mm/車重=2380kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、 30.6kgm)/価格=1510万円(テスト車=同じ)

レクサスLS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

レクサスLS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT) 2007.08.15 試乗記 ……1510.0万円
総合評価……★★★★
レクサスのフラッグシップ「LS600h」のロングバージョンに試乗。後席にマッサージ機能が付いた上級グレードの走りと乗り心地を試す。

レクサスLS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

大都市を移動する快感

「レクサスLS」が増えている。東京に限った話かもしれないが、発売から1年足らずの、700万円以上の高価格車としては、驚異的な確率で遭遇する。
しかもひと目で欧州のライバルと見分けがつく。上品で繊細なスタイリングにもよるが、なにより塗装のツヤが全然違う。昨2006年オーストリアで最初に乗ったときは、環境音楽的な存在だと思ったが、日本で外野から観察すると、独自の価値観で統一されたクルマだと理解できる。外から見たときの存在感。これはプレミアムブランドにとって大事だ。

そんなLSの真打ちハイブリッドは、トラムのように街を進み、のぞみのように高速を駆ける。つまり電車っぽいわけで、操縦の快感は希薄だが、移動の快感はある。とにかく静かでなめらか。環境への負荷を抑えていることも、心地よさとして伝わってくる。とくに大都市内を移動する状況では、世界一の高級車じゃないかと思った。

注文がないわけじゃない。大きな入力に弱い乗り心地はトヨタの悪しき伝統そのままだし、生産台数世界一当確の自動車メーカーとしてはハイブリッド以外にも世界を牽引する部分が欲しい。ただあの都市移動の快感は、ライバルでは味わえない。強面高速主義のドイツ車基準でプレミアムブランドを語ることは今後も正しいのか。そこまで考えさせる新種の高級車だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • デトロイトショー2017(その1) 2017.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は2017年1月9日、2017年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月22日まで)で、新型「レクサスLS」を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る