【スペック】全長×全幅×全高=5150×1875×1475mm/ホイールベース=3090mm/車重=2380kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、 30.6kgm)/価格=1510万円(テスト車=同じ)

レクサスLS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

レクサスLS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT) 2007.08.15 試乗記 ……1510.0万円
総合評価……★★★★
レクサスのフラッグシップ「LS600h」のロングバージョンに試乗。後席にマッサージ機能が付いた上級グレードの走りと乗り心地を試す。

レクサスLS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

大都市を移動する快感

「レクサスLS」が増えている。東京に限った話かもしれないが、発売から1年足らずの、700万円以上の高価格車としては、驚異的な確率で遭遇する。
しかもひと目で欧州のライバルと見分けがつく。上品で繊細なスタイリングにもよるが、なにより塗装のツヤが全然違う。昨2006年オーストリアで最初に乗ったときは、環境音楽的な存在だと思ったが、日本で外野から観察すると、独自の価値観で統一されたクルマだと理解できる。外から見たときの存在感。これはプレミアムブランドにとって大事だ。

そんなLSの真打ちハイブリッドは、トラムのように街を進み、のぞみのように高速を駆ける。つまり電車っぽいわけで、操縦の快感は希薄だが、移動の快感はある。とにかく静かでなめらか。環境への負荷を抑えていることも、心地よさとして伝わってくる。とくに大都市内を移動する状況では、世界一の高級車じゃないかと思った。

注文がないわけじゃない。大きな入力に弱い乗り心地はトヨタの悪しき伝統そのままだし、生産台数世界一当確の自動車メーカーとしてはハイブリッド以外にも世界を牽引する部分が欲しい。ただあの都市移動の快感は、ライバルでは味わえない。強面高速主義のドイツ車基準でプレミアムブランドを語ることは今後も正しいのか。そこまで考えさせる新種の高級車だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスGS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2013.12.3 試乗記 レクサスのミドル級セダン「GS」に、第2のハイブリッドモデル「GS300h」が追加された。その走りは、他のグレードとどう違うのか? じっくりとテストした。
  • レクサスHS250h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.24 試乗記 レクサスHS250h“バージョンL”(FF/CVT)
    ……586万2300円

    マイナーチェンジが施された「レクサスHS250h」に試乗。デビューから3年半を経た“ハイブリッド・セダン”は、どのように進化したのか? その価値についても考えた。
  • レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2012.5.21 試乗記 レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)
    ……889万4600円

    「レクサスGS」のフルモデルチェンジに伴い、ハイブリッドモデル「GS450h」も新型に。その走りを、スポーティーバージョンの“Fスポーツ”で試した。
  • レクサスのスポーツセダン「IS」がマイナーチェンジ 2016.10.20 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年10月20日、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」をマイナーチェンジ。同日、販売を開始した。各部のデザインが変更された最新型では、“ISのDNA”とされる「運転の楽しさ」についても熟成を図ったという。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
ホームへ戻る