スズキ、コンセプト「キザシ」や量産型コンパクト「スプラッシュ」などを出品【フランクフルトショー07】

2007.08.13 自動車ニュース
「スズキ・コンセプト・キザシ」
スズキ、コンセプト「キザシ」や量産型コンパクト「スプラッシュ」などを出品

【フランクフルトショー07】スズキ、コンセプト「キザシ」や量産型コンパクト「スプラッシュ」などを出品

スズキは、2007年9月11日から23日までドイツで開催される第62回フランクフルトモーターショーで、コンセプトカー「Concept Kizashi(コンセプト・キザシ)」や、「Splash(スプラッシュ)」「SX4 WRC 2007」などを出品すると発表した。

「スズキ・スプラッシュ」
スズキ、コンセプト「キザシ」や量産型コンパクト「スプラッシュ」などを出品

■「スポーツ」の次なるテーマは……

スプラッシュは、2006年9月のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「Project Splash(プロジェクト・スプラッシュ)」をベースとした小型乗用車。量産化が決定され、2008年春から欧州市場へ投入される。

2004年以降、「スイフト」や「SX4」など、スズキの世界戦略車が「スポーツ」をテーマとして掲げたのに対し、スプラッシュは第2のステージを目指して、「活動的なライフスタイルを楽しむ、明るく元気な家族に焦点を当て、わくわくする色使い、新鮮なデザインや運転の喜びなどを楽しんでもらうよう開発された」(プレスリリース)という。

欧州市場向けには、1リッター直3と1.2リッター直4、二種類のガソリンエンジンと、1.3リッター直噴ディーゼルエンジンが用意される。

■変化の「兆し」

コンセプト・キザシは、「小さなクルマや本格的四輪駆動車づくりを得意とするスズキが、乗用車のラインナップの充実を図り、スズキが変わることの“兆し”を象徴する」(プレスリリース)ことを狙った、普通乗用車のコンセプトカー。

スズキの世界戦略車第3ステージの端緒を示す形として、持つ者の「ステータスシンボル」となるに相応しい力強さと柔軟性をあわせ持ち、心を揺り動かされずにはいられないクルマを目指しているという。

「スズキ SX4 WRC」
スズキ、コンセプト「キザシ」や量産型コンパクト「スプラッシュ」などを出品

■WRCに向けたテスト参戦車も

SX4 WRC 2007は、スズキが2008シーズンから参戦する、WRC(世界ラリー選手権)のための一台。2007年10月に行われる、WRC第13戦「ラリー・ド・フランス−ツール・ド・コルス」のテスト参戦に先駆けて、今回のショーに参戦車が出品される。

(webCG 依田)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
ホームへ戻る