ヒュンダイ・ソナタ(20)

2005.09.08 画像・写真

ヒュンダイ・モーター・ジャパンの新しい中堅セダン「ヒュンダイ・ソナタ」。 さらなる韓流ブームを巻き起こすことができるのか? その全貌を写真で紹介!

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ・グレンジャー3.3GLS Lパッケージ(FF/5AT)【試乗記】 2006.1.28 試乗記 ヒュンダイ・グレンジャー3.3GLS Lパッケージ(FF/5AT)
    ……339万1500円

    ヒュンダイの最上級セダン「XG」の後継である、フラッグシップ「グレンジャー」が日本上陸。破格の価格を武器にする韓国車に、それを受け入れる日本市場に必要なこととは……。


  • ヒュンダイ・ソナタ 2.4GLS(FF/4AT)【試乗記】 2005.10.1 試乗記 ヒュンダイ・ソナタ 2.4GLS(FF/4AT)
    ……236万2500円

    韓国で1985年にデビューし、5代目となるヒュンダイの中堅セダン「ソナタ」が日本上陸となった。「ソナタ」は、日本市場で”ヨン様”になれるのか。


  • ヒュンダイ・ソナタ2.4GLS(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.2.3 試乗記 ……246万7500円
    総合評価……★★★

    ヒュンダイが世界戦略車と位置付ける「ソナタ」が日本に導入された。北米市場で「カムリ」「アコード」と販売合戦を繰り広げるミドルクラスセダンの実力はいかなるものか。


  • 第502回:「マツダCX-3」のカラーデザイナーを直撃
    “CMFデザイン”で、より感性に響くインテリアに
    2018.5.19 エディターから一言 オーナーの実に4割が女性という、マツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。2018年5月の一部改良で、このクルマのカラー&トリムを担当した2人の女性デザイナーへのインタビューを通し、“女性に選ばれるクルマ”をつくる秘訣について考えた。
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
ホームへ戻る