「アメリカン・ヒストリックカーショー&チャリティーオークション」の会場から

2012.11.14 画像・写真

2012年11月11日、山梨県富士吉田市の富士Calm(カーム)で「アメリカン・ヒストリックカーショー&チャリティーオークション」が開かれた。昨年に続いて2回目となるこのイベントは、富士山が見下ろす、紅葉が始まった自然豊かな広場で古き良き時代のアメリカ車に囲まれ、日がな一日のんびりとクルマ談義でも楽しもうというものである。参加資格は1980年以前に生産されたアメリカ車またはアメリカ製エンジンを搭載した車両、およびそれらの継続生産車ということで、今回はおよそ120台が集まった。アメリカ車のイベントというと、カスタム系のカーショーを思い浮かべる向きも少なくないと思うが、このイベントはノーマル車およびそれに準じたモデルが大半を占める。中でもファンの間では「モパー」(Mopar)と呼ばれるクライスラー系、それもいわゆるマッスルカーが多いのも特徴である。また、イベント名にも冠しているとおり、チャリティーオークションも実施された。参加者は必ずオークションへの出展物を持参するという決まりで、その売り上げ25万円全額が、東日本大震災の影響で行き場がなくなってしまったペットの犬と猫を保護している団体に寄付された。当日は朝から雲の多い、いまひとつの天候だったが、アメリカ車とその愛好家が醸し出すおおらかな雰囲気に包まれていた会場から、印象に残ったモデルを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事