歴代ロータスF1が激走! 「ジャパン・ロータスデイ2012」

2012.11.07 画像・写真

2012年11月3日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「ジャパン・ロータスデイ2012」が開かれた。これはロータスのインポーターである「エルシーアイ」が企画・実施するロータス愛好家のための公式イベントで、3回目となる今回は、全国からおよそ600台の新旧ロータスと1500人のオーナーおよびファンが集まった。プログラムは当然ながら走りが中心で、メインコースでは朝8時開始のスポーツ走行から夕方5時終了のパレードランまで、丸一日ロータスが走りっぱなし。中でも今回最大の呼び物は、F1をはじめとする往年のレーシングマシンのサービスを筆頭にさまざまな活動を行っている「クラシック・チーム・ロータス」の日本正規代理店「プラネックスコミュニケーションズ」の協力による、「ヒストリックF1スペシャルラン」。なんと9台もの歴代ロータスF1が同時に走行するという、前代未聞の超スペシャルなプログラムである。さらにこれに合わせてロータスの創始者である故コーリン・チャプマンの長男にして、「クラシック・チーム・ロータス」代表を務めるクライブ・チャプマンも来日するなど、ロータス・ファンにとってはこたえられない一日となった。エキサイティングな雰囲気に包まれた会場から、印象的なマシンとシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事