ランチアのスペシャルイベント「ランチア ランチ 2012」

2012.10.26 画像・写真

2012年10月21日、神奈川県大磯町の大磯プリンスホテルで「ランチア ランチ 2012」が開かれた。このイベントはランチア本社の公認を受けた「ランチア クラブ ジャパン」の総会として、毎年開催されているオーナーズミーティングである。つまりはメーカーやインポーターの息のかかっていない(そもそも現在ランチアは正規輸入されていない)純粋なクラブイベントなのだが、ランチアが創立100周年を迎えた2006年には往年のワークスドライバーであるミキ・ビアシオンを招聘(しょうへい)するなど、気合の入ったところを見せていた。今回はクラブ創立20周年特別企画ということで、さらにパワーアップ。ワークスの「ストラトス」を駆り、1975年から77年にかけてモンテカルロラリーを3連覇したサンドロ・ムナーリを筆頭に、同じく元ランチア・ワークスドライバーのシモ・ランピネン、元ベルトーネ広報部長のジャン・ベッペ・パニッコ、さらにストラトス研究家のトーマス・ポッパーという4人ものスペシャルゲストを海外から招致するビッグイベントとなった。繰り返すが主催者はあくまでランチア愛好家の集まりで、イベント開催に関しては素人である。経済的な負担もさることながら、普段の仕事の合間を縫ってのイベント企画および準備は、さぞかし大変だったに違いない。しかし、その骨折りを神様はちゃんと見てくれていたようで、当日、最高のイベント日和に恵まれた会場には、およそ200台のランチアが集結。かつてのライバルである他メイクのラリーカーも祝福に駆けつけた。プログラムはムナーリらゲストのトークショーやタイムトライアル、そしてメインイベントであるムナーリのデモラン。現役時代をほうふつさせる彼のドライビングに来場者はシビれ、大盛況に終わったのだった。こんなスペシャルなイベントをやってのけるクラブは、筆者の知る限り日本では「ランチア クラブ ジャパン」だけである。その情熱と行動力に心から敬意を表するとともに、すばらしいイベントを取材させていただいたことを感謝したい。ということで、会場から印象に残ったマシンとシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事