「第4回ルノー・スポールジャンボリー」の会場から

2012.10.24 画像・写真

2012年10月20日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「第4回ルノー・スポールジャンボリー」が開かれた。タイトルにあるように4回目を迎えた、サーキットを舞台としたルノー・ジャポン主催のファン感謝イベントで、今回も本国ルノー・スポールのドライバーらのスペシャルゲストを迎えて開催された。メーカーやインポーター主催のファン感謝イベントは少なからずあるが、中でも主催者と参加者の一体感を強く感じるのが、ルノー・ジャポン主催の「カングージャンボリー」であり、この「スポールジャンボリー」である。その理由を考えたところ、まずは主催者の姿勢。今や日本は、ルノー・スポールに関してはヨーロッパ以外では最大のマーケットだそうだが、それを支えているオーナーやファンに対する「愛してくれて、集まってくれて、ありがとう」という主催者の感謝の気持ちが、ダイレクトに伝わってくるのだ。すべてのプログラムが「いっしょに楽しもう」という視点から構成されており、目玉のひとつであるタイムアタック「ルノー・スポールトロフィー」にゲストドライバーが出走するのをはじめ、短いランチタイムを除いてはゲストおよびスタッフは参加者の輪の中で、共に時間を過ごすのである。こうした主催者の姿勢が、参加者の共感を呼ばないはずがなく、結果として強い一体感が生まれるというわけだ。ちなみに今回の参加台数は306台で、昨年比約4割増という。毎回台数が増えているのは、主催者としてはうれしいところだが、今後さらに規模が拡大した場合、前述した一体感に影響が出ないか、というのはいささか気になるところではある。もっとも、本来ニッチ商品であるルノー・スポールにそこまでの心配は無用か? ということで、会場から印象に残ったシーンとマシンを紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事