クラシックカーのタイムラリー「スプレンドーレ榛名」

2012.09.25 画像・写真

2012年9月16日、群馬県高崎市にある榛名湖の湖畔駐車場をスタート/ゴール地点として、周辺約50kmを走るクラシックカーのタイムラリー「スプレンドーレ榛名」が開かれた。「スプレンドーレ」は、群馬県渋川市伊香保町にある「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」が数年前から開催しているクラシックカーイベントのシリーズで、3月に開かれた「スプレンドーレ東京」は『webCG』でも紹介している。今年は全部で6つのイベントが開催されるが、同じ「スプレンドーレ」を冠していても、イベントごとに参加資格が微妙に異なり、それによってエントリー車両のラインナップも変わってくる。「スプレンドーレ榛名」に関しては、参加資格が1989年までに生産された国内外の車両と幅広いため、参加車両がバラエティーに富んでいるのが特徴。今回も往年のスポーツカーを筆頭に軽から商用バンまで、展示のみの車両を含め200台近くが集まった。その中から印象的だった参加車両を紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事