BMW 3シリーズ グランツーリスモ

2013.02.12 画像・写真

独BMWは、ジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)で、「3シリーズ」の5ドアハッチバックモデル「3シリーズ グランツーリスモ(GT)」を発表する。

ボディーの大型に伴う、居室と荷室の広さ、ならび使い勝手の改善が同車の大きな見どころ。

ボディーサイズは全長4824×全幅1828×全高1508mm。「3シリーズ」の名を持つものの、全長はワゴンの「ツーリング」より200mmも長く、ホイールベースも110mm延長されている。そのおかげで後席足もとの広さは70mm拡大された。また、着座位置が上げられたおかげで乗員の視界が改善されており、併せてより乗り降りしやすい車両構成になっているという。荷室容量は通常時が520リッター(ワゴンより25リッター多い)。40:20:40可倒の後席を畳めば、最大で1600リッターまで広がる。

エンジンは、ガソリンが2リッター直4(184psと245ps)と3リッター直6(306ps)で、車名は順に「320i GT」「328i GT」「335i GT」となる。一方、ディーゼルは2リッター直4のみで、チューンが異なる「318d GT」と「320d GT」が用意される予定。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 225xeアクティブツアラー ラグジュアリー(4WD/6AT)【試乗記】 2016.6.6 試乗記 日本での販売も好調な「BMW 2シリーズ」の“FFモデル群”に、新しい選択肢「225xeアクティブツアラー」が加わった。単なるハイブリッドではない、驚きの四駆のPHVである。日本市場を取り巻く環境とその実力を検証してみた。
  • BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.23 試乗記 FFレイアウトに“ストレート3”ユニットと、BMWブランドにとって初モノ尽くしの「2シリーズ アクティブツアラー」。Cセグメントハッチバックの定番的存在「フォルクスワーゲン・ゴルフ」という壁を、一発で乗り越えることができたか? 上質感が強調されたグレード「218iアクティブツアラー ラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 218dアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 「BMW 218dアクティブツアラー」に2リッターディーゼルターボ搭載車が加わった。新世代クリーンディーゼルエンジンを得て、アクティブツアラーはどんな魅力を手に入れたのだろうか。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ディーゼル+4WDの「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」登場
    2017.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」と「BMW 2シリーズ グランツアラー」のラインナップに、2リッター直4ディーゼルターボエンジンと4WDを組み合わせた「218d xDrive」をそれぞれ追加設定し、2017年1月28日に発売する。
ホームへ戻る