「トヨタ博物館 クラシックカーフェスタ in 神宮外苑」

2012.12.05 画像・写真

2012年12月1日、東京都新宿区の明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前で、「トヨタ博物館 クラシックカーフェスタ in 神宮外苑」が開かれた。愛知県長久手市にあるトヨタ博物館が、クラシックカー愛好家同士の交流とクルマ文化の継承を目的とするイベントを首都圏でも開催すべく、2007年から始まったこのフェスタ。6回目を迎えた今では、旧車愛好家の間ですっかり定着している。一般オーナーから募集した約100台のクラシックカーの展示と公道パレードを中心とする内容は、会場が神宮外苑となった2回目以来不変だが(初回の会場は台場のMEGA WEB)、今回はイベント史上初の出来事があった。初回からずっと好天に恵まれてきたこのフェスタが、一時的にではあるが、初めて悪天候に見舞われたのである。この日の都内は、一日晴れという天気予報に反して朝方に小雨が降ったものの、イベントが始まる午前10時前後には時折太陽も顔をのぞかせるまでに回復した。ところが昼前ぐらいから再び雨がパラついたと思ったら、パレード終了直後に急に空が暗くなって本降りとなり、おまけに強風まで吹き出す始末。それでもオープンカーも少なくなかったパレード中に降らなかったのは幸いで、また荒天も30分ほどで収まったが、回復後は一気に気温が下がって寒かった。そんな空模様にもかかわらず、例年と同じくいちょう祭りでにぎわう周辺から多くのギャラリーが訪れ、会場は盛況だった。また、これも恒例となっているトヨタ博物館所蔵車両の展示は、今年トヨタが創立75周年を迎えたことにちなんで、初期のトヨタ車および同時代のモデルが並べられ、デモ走行も披露された。会場から、リポーターの印象に残ったモデルとシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事