CAR GRAPHIC創刊50周年記念イベント「CG FESTA 2012 〜50th Anniversary Celebration〜」

2012.09.10 画像・写真

2012年9月9日、静岡県御殿場市のミュゼオ御殿場で、CAR GRAPHIC創刊50周年記念イベント「CG FESTA 2012 〜50th Anniversary Celebration〜」が開かれた。1962年4月に創刊され、今年めでたく創刊50周年を迎えた『CG』こと『CAR GRAPHIC』では、2012年をアニバーサリーイヤーと位置づけ、読者諸氏への感謝を込めてさまざまな企画を展開してきたが、このイベントはそのクライマックスとして実施されたものである。にわかに秋の気配を感じさせる青空に恵まれた会場内には、CG50年の歩みを語る際に欠かせないモデル、および自動車メーカー・インポーターの協力により最新モデルを多数展示。周辺道路では、インポーターの協力による同乗試乗会も行われた。そして目玉となるプログラムが、豪華ゲストを迎えての5部構成によるメモワール・トークショー。中でも個人的にもっとも興味深かったのは、CG創刊当時からイタリア特派員を務め、後にジウジアーロと共にイタル・デザインを創設した宮川秀之氏を迎えての第2部だった。トークショーに先立って、CGが4年がかりで所在を突き止めたというフィルムが上映されたのだが、これが奮えがくるほどすばらしかった。1968年に毎日放送が製作した『世界の日本人』という30分番組で、全編にわたってイタリア自動車界で活躍する気鋭の青年実業家だった30歳当時の宮川氏をフィーチャー。そこには当時のトリノショーやベルトーネなどカロッツェリアの風景、そして、なんとジウジアーロ・デザインのプロトタイプ「アルファ・ロメオ・カングーロ」を宮川氏が試乗する光景までもが収められていたのだ……。このすばらしいサプライズのほかにも、楽しいプログラムが数多く用意され、2000人を超える来場者とともに50周年を祝った会場から、印象に残ったシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事