軽自動車の耐久レース「K4-GP 富士1000km耐久」(後編)

2012.08.24 画像・写真

2012年8月14日、静岡県小山町の富士スピードウェイで、お盆の恒例となっている軽自動車による真夏の祭典「K4-GP 富士1000km耐久」が開かれた。「K4-GP」は2001年から始まった軽自動車による耐久レースで、毎年8月に富士スピードウェイ、そして2月には富士とマレーシアのセパン・サーキットで1年ごと交互に開催されている。参加資格は基本的に軽自動車および軽規格のエンジンを使ったマシンで、燃費制限があるのが特徴。使用可能な燃料量は年々少なくなり、クラスによって多少の多寡はあるものの、今回は最大で95リッター、最小で75リッターに制限された。つまり75リッターで1000kmを走りきろうとすると、リッターあたり13km以上をキープしなければならないのだ。軽が主体のため敷居が低く、また往年のレーシングマシンのレプリカなどユニークなマシンが数多く参加するため、楽しく、和やかな雰囲気のレースではあるが、実際には高度な戦略と技量が必要とされる、とても知的なエコランゲームでもあるわけだ。今年は雨と霧という、富士スピードウェイならではの天候に恵まれ(?)、例年にも増してドラマチックな展開を見せた「K4-GP 富士1000km耐久」。142台ものマシンが出走したレースから、印象的だったマシンとシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

→軽自動車の耐久レース「K4-GP 富士1000km耐久」(前編)はこちら

あなたにおすすめの記事
新着記事