爆走!! 「スーパーアメリカンフェスティバル2012」

2012.08.01 画像・写真

2012年7月29日、富士スピードウェイで「スーパーアメリカンフェスティバル2012」が開かれた。1992年に始まり、今回で節目となる20回目を迎えた、ドラッグレースとカーショーを中心とする、アメリカンテイストなクルマ&バイクの祭典である。『webCG』が取材に赴くのは昨年に続き2回目だが、前回は天候によるコースコンディションの不良により、目玉であるドラッグレースでのトップカテゴリーのマシンのデモランは残念ながら実現しなかった。今回は舞台となる富士スピードのメインストレートに、イベントにふさわしいアメリカ西海岸を思わせる真夏の強烈な日差しが降り注ぎ……とはいかなかったものの、コースは終日ドライ状態。ドラッグレースの最高峰である「トップフューエル・ドラッグスター」をはじめとするエキシビションを含め、90台以上がエントリーしたドラッグレースは、計測機器のトラブルこそあったものの、無事に全レースが実施された。その様子を中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事