「ホンダコレクションホール 走行確認テスト」から

2012.07.13 画像・写真

2012年7月11日、栃木県茂木町にある「ツインリンクもてぎ」の南コースで、「ホンダコレクションホール 走行確認テスト」が実施された。「ツインリンクもてぎ」内にある「ホンダコレクションホール」は、ホンダ製品を中心とする二輪、四輪、汎用製品など約350台を展示したミュージアムである。その特徴は原則として収蔵車両を動態保存、すなわち動かせる状態で保存していることで、バックヤードには専用のワークショップがあり、専任スタッフが常時整備やレストアに従事している。そこで仕上げられた車両を走らせてチェックするのが「走行確認テスト」。1998年のオープン以来、レーシングマシンを中心に年に数回のペースで行われてきたが、今回は第二期ホンダF1の全盛期だった1980年代後半のF1マシンである「ウィリアムズ・ホンダFW11」「マクラーレン・ホンダMP4/4」「同MP4/5」および「ホンダS800」の4台の四輪と、11台の二輪のテスト走行が実施された。梅雨時ながらまずまずの天気に恵まれたが、最高気温30度超の暑さのなかで行われたテストから、四輪の走行シーンを中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事