「日産スカイラインフェスティバル2012」

2012.07.10 画像・写真

2012年7月8日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「日産スカイラインフェスティバル2012」が開かれた。今回で3回目となるこのイベントは、新旧「スカイライン」および「GT-R」のオーナー&ファンの大同窓会。2代目となる型式名「S50」から現行「V36」および「R35」まで、300台以上の歴代モデルが全国から集まった。レースで鍛えられたクルマであるスカイラインのサーキットイベントとあって、プログラムは当然ながら走りが中心である。家族や仲間を乗せ、ペースカーが先導してのファミリー走行から、ヘルメット着用が義務づけられたスポーツ走行、D1ドライバーによるドリフトデモンストレーション、締めくくりのエントリー全車両によるパレード走行まで、一時は降雨の影響でコースコンディションが悩ましい時間帯もあったが、ほぼ一日走りっぱなしだった。エキゾーストノートが途切れることがなかった会場から、リポーターの印象に残ったマシンおよびシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記