「日産スカイラインフェスティバル2012」

2012.07.10 画像・写真

2012年7月8日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「日産スカイラインフェスティバル2012」が開かれた。今回で3回目となるこのイベントは、新旧「スカイライン」および「GT-R」のオーナー&ファンの大同窓会。2代目となる型式名「S50」から現行「V36」および「R35」まで、300台以上の歴代モデルが全国から集まった。レースで鍛えられたクルマであるスカイラインのサーキットイベントとあって、プログラムは当然ながら走りが中心である。家族や仲間を乗せ、ペースカーが先導してのファミリー走行から、ヘルメット着用が義務づけられたスポーツ走行、D1ドライバーによるドリフトデモンストレーション、締めくくりのエントリー全車両によるパレード走行まで、一時は降雨の影響でコースコンディションが悩ましい時間帯もあったが、ほぼ一日走りっぱなしだった。エキゾーストノートが途切れることがなかった会場から、リポーターの印象に残ったマシンおよびシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
ホームへ戻る