「第47回SHCC大磯ミーティング」(前編)

2012.06.08 画像・写真

2012年6月3日、神奈川県大磯町の大磯ロングビーチで、湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)主催の「第47回SHCC大磯ミーティング」が開かれた。このミーティングは駐車場内の特設コースで行われるタイムトライアル(ジムカーナ)を中心とするもので、初夏と晩秋の年2回開催されている。1980年代から続く歴史あるイベントだが、そもそも大磯ロングビーチは、日本の四輪モータースポーツの黎明(れいめい)期である1960年代からジムカーナが行われていた由緒正しい場所である。そんないわば「聖地」での開催とあって、今回も軽トラックからフォーミュラカーまで100台以上のエントリーを数える盛況となった。出場資格は1969年までに生産された車両およびレプリカを含む同型車、そして主催者が認めた車両で、排気量やチューニングの度合いなどによって9つのクラスに分けられる。常連のエントラントも少なくなく、各クラスともなかなかハイレベルな戦いが繰り広げられた。とはいえ、あくまでクラブ主催のサンデーイベント。スペシャルプログラムとして往年のF1のデモランなども行われた会場内には、ギャラリーを含めて「一緒に楽しもう」という和やかなムードが漂っていた。
なおSHCCでは、クラシックカーラリー「ラ・フェスタ・ミッレミリア」を通じて親交がある福島県のリゾート施設「ラピスタ裏磐梯」が、東日本大震災以来風評被害に悩まされていることに対して、昨年から復興支援を行っている。今回もイベント参加費の中から15万円を義援金として寄付した。そのほかにも、飲食物販売の売り上げの一部を東北地方に寄付するなどのチャリティー活動も行われていた会場から、リポーターの印象に残ったマシンを紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)(→後編につづく)

あなたにおすすめの記事
新着記事