「人とくるまのテクノロジー展2012」

2012.05.25 画像・写真

2011年5月23日〜25日、神奈川県のパシフィコ横浜で恒例の「人とくるまのテクノロジー展2012」が開かれた。これは自動車メーカーをはじめ、部品メーカー、材料メーカー、計測・解析機器メーカーなどが最新の自動車技術を展示する、日本最大の自動車技術展である。年を追って開催規模は拡大してきたが、昨年は東日本大震災の影響から、出展者数こそ一昨年の365社を上回る377社を数えたものの、やや盛り上がりに欠けた感は否めなかった。今年は436社と大幅に増え、展示面積も会場キャパシティーいっぱいまで拡張し、活気が戻っていた。中でも昨年はやはり震災の影響で少なかった海外、特にドイツからの出展者が目に付いた。展示の傾向としては、環境関連技術が中心なのは言うまでもないが、EV関係の展示が以前ほど目立たなくなった印象を受けた。そんな会場から、リポーターが注目した展示を紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事