439台もの「カングー」が集結! 「ルノーカングージャンボリー2012」開催

2012.05.23 画像・写真

2012年5月20日、山梨県富士吉田市の富士カームで、「ルノーカングージャンボリー2012」が開かれた。これはルノー・ジャポンが主催する「カングー」を中心とするルノーファンのためのイベントで、今回で4回目。年を追って規模が拡大してきたが、今回参加したカングーはなんと439台! そのほかにカングーを除くルノーが150台、ルノー以外のモデルが54台で、合わせて643台が集まった。ちなみに昨年は計314台だったというから、2倍以上。主催者の事前予想をはるかに上回り、来場したもののメイン会場となる芝生広場に入れない車両も出るほどの大盛況となった。単に数が多いだけではなく、集まったカングーの多くは大なり小なり手が加えられており、それぞれが個性を発揮していたのである。だからといって、決してマニアックな雰囲気のイベントではない。カングーというモデルのキャラクターを反映して、当初から家族連れでの参加が多く、会場内にはほんわかとしたムードが漂っているのだ。そのため以前から女性や子供でも楽しめるファミリー向けのプログラムが充実していたが、今回も愛犬家のために新設された「ドッグラン」をはじめ、さまざまなコーナーやアトラクションが用意されていた。そんなイベントを楽しむ人々で大いににぎわっていた会場から、リポーターの印象に残ったモデルやシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る