零戦エンジン始動見学会

2013.04.08 画像・写真

航空機ファン、ミリタリーファンにうれしいお知らせ。埼玉県所沢市にある所沢航空発祥記念館で開催されている「日本の航空技術100年展」の、2013年8月31日までの会期延長が決まった。

この特別展の目玉は、米国プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館(POF)から運ばれてきたゼロ戦こと零式艦上戦闘機の展示。オリジナルの栄エンジンで飛行できる世界唯一の機体である。
当初、100年展の終了とともに、北米へ輸送するため解体されるはずだった。このたびの会期延長にともない、解体見学会に代わり、4月1日、「零戦エンジン始動見学会・零戦見学会」が行われた。
なお、零戦の展示は、4月2日、3日の整備点検を経て、4月4日13時から再開されている。

(文=青木禎之/写真=DA)

あなたにおすすめの記事
新着記事