ルノー・キャプチャー

2013.04.05 画像・写真

仏ルノーが2013年3月のジュネーブショーで発表した「キャプチャー」は、「ルーテシア」(現地名:クリオ)が属するBセグメントの新しいクロスオーバー車だ。

ボディーサイズは全長4122×全幅1778×全高1566mmで乗車定員は5人。ガソリンエンジンは0.9リッター直3(90ps)と1.2リッター直4(120ps)があり、1.2リッターには6段のデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。現地では、同じジュネーブショーでデビューした「プジョー2008」が良きライバルか。ルノーグループの韓国メーカー・サムスンからも「QM3」の名で販売される予定。 (webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.61 「ルノー・キャプチャー インテンス」 2014.8.8 mobileCG ミスターGT-Rがルノーのクロスオーバー車「キャプチャー」に試乗する。
  • ルノー・キャプチャー ゼン(FF/6AT)【試乗記】 2014.4.8 試乗記 単なるお買い得仕様にあらず。「ルノー・キャプチャー」のエントリーグレード「ゼン」の、上級グレードとはひと味違う魅力に触れた。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記