クラシックカーのタイムラリー「スプレンドーレ東京」

2013.04.02 画像・写真

2013年3月31日、千葉県浦安市にある東京ベイNKホールをスタート地点として、クラシックカーのタイムラリー「スプレンドーレ東京」が開かれた。「スプレンドーレ」は、群馬県渋川市伊香保町にある「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」が数年前から開催しているクラシックカーイベントのシリーズで、「スプレンドーレ東京」は昨年に続き2回目となる。参加資格は1975年までに生産された国内外の車両で、1925年「ブガッティT35A」から1975年「メルセデス・ベンツ280」まで、117台が参加する盛況ぶり。ルートはNKホールから成田市にある日本自動車大学校(NATS)に向かい、銚子市にある犬吠埼ホテルを経てNKホールに戻ってくる全行程約240kmである。当日は朝から小雨が降り、時折雨脚が強くなったりもするあいにくの空模様だったが、スタート地点周辺から印象的だった参加車両を紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事