浅尾美和さんが「ボルボV40」のオーナーに

2013.03.25 画像・写真

■ボルボ・カー・ジャパン、元ビーチバレーボール選手の浅尾美和さんに「V40」を納車

ボルボ・カー・ジャパンは2013年3月25日、元プロビーチバレーボール選手の浅尾美和さんに、新型車「V40」を貸与すると発表。東京・港区のショールームで納車セレモニーを開催した。

当日は、ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のアラン・デッセルス氏が登壇し、「発売からのひと月で2600台の受注をいただいた」とV40の販売状況を発表。続いて登場した浅尾さんに、ボルボのキーをかたどった特大サイズのパネルを手渡した。

浅尾さんは今年の2月に免許を取ったばかりで、今回のV40が初のマイカーとのこと。ボルボを選んだ理由については、「家族に相談したら『安全だからボルボにしなさい』と薦められたから」「自動車学校に通う道にボルボのショールームがあり、いつも見ていたから」とのことだった。

なお、浅尾さんに貸与されるV40には、標準装備のプリクラッシュブレーキ機能「シティ・セーフティ」に加え、先進のパッシブセーフティー機能をセットにした「セーフティ・パッケージ」や、世界初の歩行者エアバッグシステムなどの安全装備オプションのほか、縦列駐車時にハンドル操作を自動で行ってくれる「パーク・アシスト・パイロット」や、「パノラマ・ガラスルーフ」なども備わっている。

(文と写真=webCG 堀田)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
ホームへ戻る