「フェラーリ・レーシング・デイズ鈴鹿2012」

2012.03.22 画像・写真

2012年3月17日〜18日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで「フェラーリ・レーシング・デイズ鈴鹿2012」が開催された。これはフェラーリ・ジャパンがプロデュースするオーナーおよびファン向けのサーキットイベントで、昨年まで3回にわたって「フェラーリ・フェスティバル」の名で開かれていたものと、内容的にはほぼ同じである。主なプログラムは、公開走行は世界初という「599XX EVO」を含むサーキット走行専用車やF1マシンのデモラン、そして「458チャレンジ」によるワンメイクレース「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ アジア・パシフィック」の開幕戦といったところで、パドックでは歴史的価値の高いモデル18台を並べた「コンコルソ・デレガンツァ」も実施された。17日はほぼ1日中雨、18日もときおり小雨がパラつくというあいにくの天候にもかかわらず、会場には600台以上のフェラーリと2万人以上のオーナーおよびファンが集った。なお、このイベントのチケット売り上げの10%は、イタリア・ローマのチヴィタヴェッキアの姉妹都市である宮城県石巻市へ寄付されるという。会場から、リポーターの印象に残ったマシンと光景を写真で紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事