2013年5月12日、静岡県小山町の富士スピードウェイで、「マセラティ・フェスティバル2013」が開かれた。これはマセラティ・ジャパンが主催するオーナーズイベントで、初開催だった昨年に続いて今回が2回目。公式発表によれば全国から238台の新旧マセラティと450人のオーナー&ファミリーが集まった。会場では愛車でのサーキット走行、プロドライバーによるサーキットタクシーやドライビングスクール、周辺コースを使った新車の試乗会など、サーキットイベントならではのプログラムに加え、マセラティ本社の公認オーナーズクラブである「マセラティ・クラブ・オブ・ジャパン」の協力によるコンクール・デレガンスやファミリー向けのプログラムなども実施された。エントリー全車両が参加してのラストのパレードランに至るまで、盛況に終わった会場から、リポーターの印象に残ったエントリー車両とシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)