「MINI」の国際ファン大会「インターナショナルMINIミーティング2013」が、2013年5月16日から19日の4日間にわたり、イタリア中部のムジェッロサーキットで開催された。
会場には欧州各国を中心に約3000台の新旧「MINI」が集結し、参加者数は約5000人。参加者の多くはテントで寝泊まりしながら、サーキット走行のほか、期間中に行われていたミッレミリア見物などを楽しんだ。18日夕方には、「遠来賞」「最も劣化した車」「最もうるさい車」など、さまざまなカテゴリーの表彰式が行われた。 また、イタリアで生産された「インノチェンティMINI」および、その後継であるベルトーネデザインのMINI愛好者も多数参加した。当時好評だったダイハツ製3気筒エンジンが搭載されていることを自慢するため、日本人の筆者を見つけるなり「モトーレ・ダイアーツ(ダイハツ製エンジン)最高!」など叫ぶオーナーもいた。
なお、次回2015年度は、リトアニアで開催されることが会期中に決まった。決定の瞬間、同国からやってきたクラブメンバーは互いに抱き合って喜んでいた。
(文=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA/写真=Akio Lorenzo OYA、Mari OYA)

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
ホームへ戻る