「MINI」の国際ファン大会「インターナショナルMINIミーティング2013」が、2013年5月16日から19日の4日間にわたり、イタリア中部のムジェッロサーキットで開催された。
会場には欧州各国を中心に約3000台の新旧「MINI」が集結し、参加者数は約5000人。参加者の多くはテントで寝泊まりしながら、サーキット走行のほか、期間中に行われていたミッレミリア見物などを楽しんだ。18日夕方には、「遠来賞」「最も劣化した車」「最もうるさい車」など、さまざまなカテゴリーの表彰式が行われた。 また、イタリアで生産された「インノチェンティMINI」および、その後継であるベルトーネデザインのMINI愛好者も多数参加した。当時好評だったダイハツ製3気筒エンジンが搭載されていることを自慢するため、日本人の筆者を見つけるなり「モトーレ・ダイアーツ(ダイハツ製エンジン)最高!」など叫ぶオーナーもいた。
なお、次回2015年度は、リトアニアで開催されることが会期中に決まった。決定の瞬間、同国からやってきたクラブメンバーは互いに抱き合って喜んでいた。
(文=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA/写真=Akio Lorenzo OYA、Mari OYA)

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る