フェラーリ・ジャパンは2013年5月30日、本年のジュネーブショーで発表した11年ぶりのスペチアーレ「ラ フェラーリ」を、東京において日本初公開した。
会場には、歴代スペチアーレ「288GTO」「F40」「F50」「エンツォ・フェラーリ」の4台が勢ぞろい。発表会ではフェラーリ・ジャパンCEOのハーバート・アプルロス氏が登壇し、パワートレイン全体で960ps超の最高出力を発生するハイブリッドシステムや、可変式のエアロダイナミクスシステムなど、ラ フェラーリの特徴を紹介した。

(webCG)