■独BMWが新型「X5」を発表

独BMWは2013年5月30日、新型「BMW X5」を発表した。

3世代目となる新型「X5」は、従来モデルからデザインを一新。エクステリアでは、現行型「3シリーズ」などにも見られる、ヘッドランプとキドニーグリルがつながったフロントマスクが採用された。

ラインナップは、最高出力450ps/5500prm、最大トルク66.3kgm/2000–4500rpmを発生する4.4リッターV8ツインターボを搭載した「xDrive50i」、同じく381ps/4000-4400rpm、75.5kgm/2000-3000rpmを発生する3リッター直6ディーゼルターボの「xDribe50d」、同じ3リッター直6ディーゼルターボながら、最高出力を258ps/4000rpm、最大トルクを57.1kgm/1500-3000rpmとした「xDribe30d」の3種類。
2013年10月には「xDrive40d」「xDrive35i」「xDrive25d」が加わり、さらにはCO2排出量を149g/kmに抑えたFRモデルの「sDrive25d」も追加される予定だ。

(webCG)

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • BMW X3 2014.6.18 画像・写真 フロントまわりが新たなデザインに。最新型の「BMW X3」を写真で紹介する。
ホームへ戻る