BMWが新型「X5」を発表

■独BMWが新型「X5」を発表

独BMWは2013年5月30日、新型「BMW X5」を発表した。

3世代目となる新型「X5」は、従来モデルからデザインを一新。エクステリアでは、現行型「3シリーズ」などにも見られる、ヘッドランプとキドニーグリルがつながったフロントマスクが採用された。

ラインナップは、最高出力450ps/5500prm、最大トルク66.3kgm/2000–4500rpmを発生する4.4リッターV8ツインターボを搭載した「xDrive50i」、同じく381ps/4000-4400rpm、75.5kgm/2000-3000rpmを発生する3リッター直6ディーゼルターボの「xDribe50d」、同じ3リッター直6ディーゼルターボながら、最高出力を258ps/4000rpm、最大トルクを57.1kgm/1500-3000rpmとした「xDribe30d」の3種類。
2013年10月には「xDrive40d」「xDrive35i」「xDrive25d」が加わり、さらにはCO2排出量を149g/kmに抑えたFRモデルの「sDrive25d」も追加される予定だ。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • BMW X5 xDrive40e(4WD/8AT)【レビュー】 2015.12.18 試乗記 魅力は環境性能だけにあらず? BMWの大型SUV「X5」に、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「xDrive40e」が登場。2リッター直4ターボエンジンと、8段AT内に組み込まれたモーターが織り成す走りを、日本屈指のワインディングロードである箱根のターンパイクで試した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る