トランスミッションメーカー「ジヤトコ」工場訪問記

2012.03.16 画像・写真

コンパクトカーやミニバンのトランスミッションとして、現在主流となりつつある、無段階変速機(CVT)。それを日産自動車などの大手自動車メーカーに供給しているのが、ここに紹介するトランスミッションの専門メーカー「Jatco(ジヤトコ)」だ。
今回は、静岡県富士市にある同社の本社および富士工場を取材。めったに見ることのできない、その製造現場を写真で紹介する。リポートの中で登場する製品は、最近のジヤトコ製品のなかでよく知られている、軽自動車・小型車(FF)用の副変速機付きCVT「CVT7」(製品名の7(セブン)は世代を表す)。同社によれば、2012年中には、同社製品比で燃費を10%向上させた「CVT8」と呼ばれる中・大型車向け新型CVTが、さらに2013年には、「CVT8」に1モーター2クラッチシステムを内蔵したFF車用の「CVT8ハイブリッド」がラインナップに加わる見通しとなっている。
(文=岩尾信哉)

あなたにおすすめの記事
新着記事