■アストン・マーティンが100周年記念モデルを日本初公開

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年9月12日、「アストン・マーティン ヴァンキッシュ Centenary Edition(センテナリーエディション)」を日本初公開した。

「センテナリーエディション」とは、今年が英アストン・マーティンの創立100周年にあたることを記念した限定モデルであり、今回公開されたヴァンキッシュのほか、「V8ヴァンテージ」「DB9」「ラピード」にも設定される。販売台数は、各車とも世界限定100台となっている。

特徴は専用に仕立てられた内外装で、エクステリアには「トランス・フラックス」エナメルインレイ入りの純銀製エンブレムや、グラデーション処理を施した専用ボディーカラーなどを採用している(今回の展示車はグラデーションカラーは非選択)。一方インテリアには、「One-77」と同じディープソフト・ブラックレザーを採用。ステッチや、シートのヘッドレストに施されたエンブレムの刺しゅうなどは、いずれもシルバーでコーディネートしている。またサイドシルには、シリアルナンバー入りの純銀製サイドシルプレートを装備している。

(webCG)

関連ニュース

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る