アストン・マーティン ヴァンキッシュ センテナリーエディション

■アストン・マーティンが100周年記念モデルを日本初公開

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年9月12日、「アストン・マーティン ヴァンキッシュ Centenary Edition(センテナリーエディション)」を日本初公開した。

「センテナリーエディション」とは、今年が英アストン・マーティンの創立100周年にあたることを記念した限定モデルであり、今回公開されたヴァンキッシュのほか、「V8ヴァンテージ」「DB9」「ラピード」にも設定される。販売台数は、各車とも世界限定100台となっている。

特徴は専用に仕立てられた内外装で、エクステリアには「トランス・フラックス」エナメルインレイ入りの純銀製エンブレムや、グラデーション処理を施した専用ボディーカラーなどを採用している(今回の展示車はグラデーションカラーは非選択)。一方インテリアには、「One-77」と同じディープソフト・ブラックレザーを採用。ステッチや、シートのヘッドレストに施されたエンブレムの刺しゅうなどは、いずれもシルバーでコーディネートしている。またサイドシルには、シリアルナンバー入りの純銀製サイドシルプレートを装備している。

(webCG)

関連ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第439回:8月に雪上をテストドライブ!?
    アストンマーティン・オン・アイスに参加して
    2017.9.16 エディターから一言 紳士淑女ぞろいのオーナーに混じって、塩見 智がニュージーランドの雪上で最新のアストンマーティン各車の限界性能をテスト。ドリフトが決まれば気分はもう“007”!?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • 「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加 2017.6.29 自動車ニュース 英アストンマーティンは2017年6月28日(現地時間)、「DB11」に4リッターV8ツインターボエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。最高出力510ps、最大トルク675Nmを発生。0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)の動力性能を誇る。
ホームへ戻る