アストン・マーティン ヴァンキッシュ センテナリーエディション

2013.09.12 画像・写真

■アストン・マーティンが100周年記念モデルを日本初公開

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年9月12日、「アストン・マーティン ヴァンキッシュ Centenary Edition(センテナリーエディション)」を日本初公開した。

「センテナリーエディション」とは、今年が英アストン・マーティンの創立100周年にあたることを記念した限定モデルであり、今回公開されたヴァンキッシュのほか、「V8ヴァンテージ」「DB9」「ラピード」にも設定される。販売台数は、各車とも世界限定100台となっている。

特徴は専用に仕立てられた内外装で、エクステリアには「トランス・フラックス」エナメルインレイ入りの純銀製エンブレムや、グラデーション処理を施した専用ボディーカラーなどを採用している(今回の展示車はグラデーションカラーは非選択)。一方インテリアには、「One-77」と同じディープソフト・ブラックレザーを採用。ステッチや、シートのヘッドレストに施されたエンブレムの刺しゅうなどは、いずれもシルバーでコーディネートしている。またサイドシルには、シリアルナンバー入りの純銀製サイドシルプレートを装備している。

(webCG)

関連ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.3.15 試乗記 「アストンマーティンDB11」のラインナップに「ヴォランテ」が加わった。510psの4リッターV8ツインターボがもたらす速さは、もちろんこのクルマの魅力には違いない。しかし、ヴォランテならではの魅力は、優雅に走ってこそ際立ってくるだろう。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る