大矢アキオのフランクフルトショー後編は、街角リポートである。
空港にはドイツで開発されたヒュンダイがディスプレイされていた。郊外に目を向ければ欧州中央銀行の新本店が着々と造られている。その前に立ち寄ったデュッセルドルフの路上では、ダイムラーが主導するカーシェアリングの車たちを頻繁に見かけた。
筆者が住むイタリアでは見られない、新しい欧州をけん引するパワーとトレンドがひしひしと感じられた。そうしたダイナミックな街の様子を、傍らで見つけた面白事象や、かつての幻影とともにお伝えする。(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)
←大矢アキオのフランクフルトショー(前編)はこちら