アルファ・ロメオ4C

2013.09.20 画像・写真

■アルファ・ロメオが「4C」の詳細を発表

伊アルファ・ロメオは2013年9月16日、ミドシップスポーツカー「4C」の詳細を発表した。

アルファ・ロメオ4Cは、全長×全幅×全高=3989×1864×1183mm、ホイールベース=2380mmというコンパクトなミドシップスポーツカーである。

シャシーはカーボンファイバー製のモノコックタブとアルミニウム製の前後サブフレームを組み合わせたもので、車体の乾燥重量は895kgとなっている。パワーユニットにはデュアルインジェクションの1.75リッター直4ターボエンジンを採用しており、240ps(177kW)/6000rpmの最高出力と35.7kgm(350Nm)/2200-4250rpmの最大トルクを発生。パワーウェイトレシオは4kg/psとされる。

これらの技術により、アルファ・ロメオ4Cは最高速258km/h、0-100km/h加速4.5秒という動力性能を発揮。一方燃費については、6.8リッター/100km(約14.7km/リッター、欧州複合モード)を実現しているという。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
ホームへ戻る