アルファ・ロメオ4C

2013.09.20 画像・写真

■アルファ・ロメオが「4C」の詳細を発表

伊アルファ・ロメオは2013年9月16日、ミドシップスポーツカー「4C」の詳細を発表した。

アルファ・ロメオ4Cは、全長×全幅×全高=3989×1864×1183mm、ホイールベース=2380mmというコンパクトなミドシップスポーツカーである。

シャシーはカーボンファイバー製のモノコックタブとアルミニウム製の前後サブフレームを組み合わせたもので、車体の乾燥重量は895kgとなっている。パワーユニットにはデュアルインジェクションの1.75リッター直4ターボエンジンを採用しており、240ps(177kW)/6000rpmの最高出力と35.7kgm(350Nm)/2200-4250rpmの最大トルクを発生。パワーウェイトレシオは4kg/psとされる。

これらの技術により、アルファ・ロメオ4Cは最高速258km/h、0-100km/h加速4.5秒という動力性能を発揮。一方燃費については、6.8リッター/100km(約14.7km/リッター、欧州複合モード)を実現しているという。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る