■アルファ・ロメオが「4C」の詳細を発表

伊アルファ・ロメオは2013年9月16日、ミドシップスポーツカー「4C」の詳細を発表した。

アルファ・ロメオ4Cは、全長×全幅×全高=3989×1864×1183mm、ホイールベース=2380mmというコンパクトなミドシップスポーツカーである。

シャシーはカーボンファイバー製のモノコックタブとアルミニウム製の前後サブフレームを組み合わせたもので、車体の乾燥重量は895kgとなっている。パワーユニットにはデュアルインジェクションの1.75リッター直4ターボエンジンを採用しており、240ps(177kW)/6000rpmの最高出力と35.7kgm(350Nm)/2200-4250rpmの最大トルクを発生。パワーウェイトレシオは4kg/psとされる。

これらの技術により、アルファ・ロメオ4Cは最高速258km/h、0-100km/h加速4.5秒という動力性能を発揮。一方燃費については、6.8リッター/100km(約14.7km/リッター、欧州複合モード)を実現しているという。

(webCG)

関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る