独ポルシェは2013年9月23日、新型「911ターボカブリオレ」および「911ターボSカブリオレ」の概要を発表した。11月のロサンゼルスオートショー(会期:2013年11月20日~12月1日)で実車を公開し、本国ドイツでは12月に発売する予定。

搭載する3.8リッター水平対向6ツインターボエンジンは、最高出力、最大トルクとも、クーペモデルの「911ターボ」「911ターボS」と同じ。911ターボカブリオレでは520psと67.3kgm、911ターボカブリオレSでは560psと71.4kgmを発生する。動力性能は0-100km/h加速が順に3.5秒と3.2秒、最高速は315km/hと318km/h。
ソフトトップは約13秒で開放することができ、50km/hまでなら操作を走行中に行うこともできる。

ドイツでの車両価格(付加価値税込み)は911ターボカブリオレが17万4431ユーロ(約2320万円)で、911ターボカブリオレSが20万7989ユーロ(約2770万円)と発表されている。日本での価格は未定。(webCG)

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
ホームへ戻る