「アルファ・ロメオ4C」国際試乗会

2013.10.09 画像・写真

アルファ・ロメオは2013年9月下旬、イタリアのトリノとミラノの中間付近にあるバロッコ・テストコース(名称:チェントロ・スペリメンターレ・バロッコ、所在地:ピエモンテ州ヴェルチェッリ)とその周辺の公道を舞台に、アルファ・ロメオの新型ミドシップスポーツカー「4C」の国際試乗会を開催した。

バロッコは現在フィアットが所有し、グループ全体で使用するテストコースとして機能しているが、もともとは1960年代初頭にアルファ・ロメオが建設し、所有してきたものだ。自動車史を彩るアルファ・ロメオの量産車の数々、そして「ジュリア スプリントGTA」(1965年)や「ティーポ33TT 12」(1973年)のような伝説的なレーシングカーや、1980年代のグランプリを戦ったアルファ・ロメオのF1マシンもここで開発された。アルファ・ロメオのファンにとってバロッコは「聖地」のような場所なのだ。

アルファ・ロメオが試乗会のためにバロッコを開放することは、最近でこそ珍しくない(「8C」や「8Cスパイダー」の試乗もここで行われた)。しかし、今回は規模が違った。テストコースをまたぐ形で特設ホールが造られ、コースを「舞台」にして車両のプレゼンテーションなどが行われた。また、4Cの試乗の合間にはヒストリック・アルファの試乗も企画された。イベントは、アルファ・ロメオ・ブランドを存分に体感できるプログラムとなっていたようである。(写真=フィアット クライスラー ジャパン)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る