「アルファ・ロメオ4C」国際試乗会

アルファ・ロメオは2013年9月下旬、イタリアのトリノとミラノの中間付近にあるバロッコ・テストコース(名称:チェントロ・スペリメンターレ・バロッコ、所在地:ピエモンテ州ヴェルチェッリ)とその周辺の公道を舞台に、アルファ・ロメオの新型ミドシップスポーツカー「4C」の国際試乗会を開催した。

バロッコは現在フィアットが所有し、グループ全体で使用するテストコースとして機能しているが、もともとは1960年代初頭にアルファ・ロメオが建設し、所有してきたものだ。自動車史を彩るアルファ・ロメオの量産車の数々、そして「ジュリア スプリントGTA」(1965年)や「ティーポ33TT 12」(1973年)のような伝説的なレーシングカーや、1980年代のグランプリを戦ったアルファ・ロメオのF1マシンもここで開発された。アルファ・ロメオのファンにとってバロッコは「聖地」のような場所なのだ。

アルファ・ロメオが試乗会のためにバロッコを開放することは、最近でこそ珍しくない(「8C」や「8Cスパイダー」の試乗もここで行われた)。しかし、今回は規模が違った。テストコースをまたぐ形で特設ホールが造られ、コースを「舞台」にして車両のプレゼンテーションなどが行われた。また、4Cの試乗の合間にはヒストリック・アルファの試乗も企画された。イベントは、アルファ・ロメオ・ブランドを存分に体感できるプログラムとなっていたようである。(写真=フィアット クライスラー ジャパン)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る