日本最大規模のフランス車イベント「フレンチブルーミーティング」(FBM)が今年も例年通り10月の週末(2013年10月19日~10月20日)、長野県車山高原において開催された。

今年はあいにくの天候不良で、予定された参加数には満たなかったものの、主催者側の発表では参加台数1800台、参加人数4000人と、今もってお化けイベントであることに変わりはない。日本においても、フランス車が好きな人は結構多い。どこか特定のメーカー色に偏らず、フランス車以外の参加を受け入れるおおらかさも、このイベントの特徴だ。

前夜祭パーティーにはじまり、「フレンチ縁日大テント村」での屋台、ジムカーナ大会、2CVクランク掛け競争、大ビンゴ大会、子供写生大会、そして特設ステージでのミニライブと、今回も盛りだくさんの内容であった。しかし、それらをもってしても雨や寒さの難儀には勝てず、ちょっと盛り上がりに欠けた今年のFBMではあった。(文と写真=笹目二朗)