アストン・マーティン V12ヴァンテージS

2013.11.07 画像・写真

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年11月6日、「アストン・マーティン V12ヴァンテージS」を東京都内で発表した。その模様を写真で紹介する。(webCG)

→関連ニュースはこちら。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージAMR」生産開始 2017.6.15 自動車ニュース 英アストンマーティンは2017年6月13日、限定モデル「アストンマーティンV8ヴァンテージAMR/V12ヴァンテージAMR」の生産を開始したと発表した。
  • アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが「V12ヴァンテージS」に7段MTを設定し、日本に導入すると発表した。シフトパターンには1速をHパターンの外(左下)に配置する「ドッグレッグ」レイアウトを採用。自動でエンジンの回転合わせを行う「AMSHIFT」を搭載している。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
ホームへ戻る