独BMWは新型「2シリーズクーペ」の概要と写真を公開した。

「2シリーズクーペ」は、小型ハッチバック「1シリーズ」をベースにしたクーペモデルで、従来の「1シリーズクーペ」の後継車に当たる。ボディーサイズは全長が4432mmで全幅が1774mm。1シリーズクーペと比較して、順に72mmと32mm大きくなっている。そのおかけで室内空間に余裕が生まれ、後席のレッグルームが21mm拡大された。また、トランク容量は20リッター増しの390リッター(VDA方式)とされた。ボディーのCd値は0.29。

ラインナップは全5種。ガソリンエンジンが2リッター直4ターボの「220iクーペ」(184ps)と、3リッター直6ターボの「M235iクーペ」(326ps)。ディーゼルがすべて2リッター直4ターボで、パワー違いで「218dクーペ」(143ps)、「220dクーペ」(184ps)、「225dクーペ」(218ps)と呼ばれる。最上級モデル、M235iクーペの動力性能は0-100km/hが4.8秒(8AT)で最高速が250km/h。欧州では2014年3月から市場ごとに順次、投入される予定。(webCG)