2013年11月16日、静岡の富士スピードウェイで「AUTOCAR JAPAN FESTIVAL(オートカー ジャパン フェスティバル)2013」が開催された。

このイベントは、自動車雑誌『AUTOCAR JAPAN(オートカー ジャパン)』が主催するサーキットイベントであり、その前身である「ヒストリック・オートモービル・フェスティバル」の時代も含めると、今年で通算17回目の開催となる。

内容は盛りだくさんで、現代のスーパースポーツカーやヒストリックカーによるレース、スポーツ走行に加え、アストン・マーティンの100周年を祝うパレードラン、往年のF1マシンによるデモ走行なども実施。参加者は自慢の愛車を駆り、アクセル全開で富士の本コースを楽しんでいた。

併催された「ルノー・スポール ジャンボリー2013」とともに、その様子を写真で紹介する。

(webCG)