「JCCAクラシックカーフェスティバル ニューイヤーミーティング」

2012.02.01 画像・写真

2012年1月29日、船の科学館に近い東京・青海の特設会場で、今回で36回目を迎えた新春恒例のクラシックカーの祭典「JCCAクラシックカーフェスティバル ニューイヤーミーティング」が開かれた。
会場にはスワップミートを含め約300台の個人出展車両をはじめ、83のクラブスタンド、57のオートジャンブル(旧車関連ショップの出店)が並んだ。当日の東京ベイエリアは朝のうちこそ薄曇りだったものの、昼前にはすっきりと晴れ渡った。ただし気温の低さに加えて、クラブスタンドのテントが飛ばされそうなほどの風が容赦なく吹きつけ、体感的にはリポーターの記憶にあるここ10数回のうちでも、もっとも寒い一日だった。にもかかわらず、会場には熱心な旧車愛好家が早朝から詰めかけ、大いににぎわった。出展車両のなかから、リポーターの印象に残ったモデルを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事