独ロータスモーターサイクルズは2014年2月20日、高性能ロードバイク「C-01」プロトタイプの概要と写真を公開した。

スチール/チタン/カーボンファイバーの混成となるシャシーフレームに、バンク角75度の1.2リッターVツインエンジン(200ps)を搭載。100台の限定生産を予定している。

ロータスモーターサイクルズは、スポーツカー耐久レースに参戦する独コデワと、車両開発などを行うエンジニアリング会社の独ホルツァー、およびカーデザイナーのダニエル・サイモン氏によるジョイントベンチャーとして、2013年にドイツ・バイエルン州グレーディングに設立された。今回公開された「C-01」は、同社最初の作品となる。

(webCG)