BMWは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーで「MINIクラブマン コンセプト」を公開した。

このコンセプトカーのスリーサイズは全長4223×全幅1844×全高1450mm。従来のクラブマンとは異なり、リアドアが両側に設けられているほか、リアドアの開き方も前ヒンジの通常タイプに改められている。(webCG)

関連記事
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る