伊フェラーリは2014年3月4日、V8直噴ターボエンジンを搭載した「カリフォルニアT」を発表した。

カリフォルニアTは、従来モデルの「カリフォルニア」が搭載していた4.3リッターV8自然吸気エンジンから、パワートレインを刷新。新たに、最高出力560ps、最大トルク77.0kgmを発生する、3.9リッターV8直噴ターボエンジンを採用した。

これにより、0-100km/h加速が3.8秒から3.6秒に短縮するなど動力性能が向上。同時に燃費も15%低減しているという。(関連ニュース

関連記事
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る