2014年4月17日、スペシャリティーカーの元祖である「フォード・マスタング」が誕生50周年を迎えた。アメリカ各地で催された関連行事の中から、ニューヨークのエンパイアステートビルで行われた新型車の特別展示と、シャーロット・モーター・スピードウェイで行われた記念イベントの様子を写真で紹介する。(関連記事

(文=中村孝仁/写真=中村孝仁、フォード モーター カンパニー)

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • 「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場NEW 2017.2.23 自動車ニュース 「マセラティ・レヴァンテ」に最高出力275ps、最大トルク61.2kgmを発生するディーゼルエンジンを搭載した「レヴァンテ ディーゼル」が登場。右ハンドルのみの設定で、2017年3月のデリバリーが予定されている。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る