日産ジューク(欧州仕様)

2014.05.20 画像・写真

日産自動車は2014年5月6日、マイナーチェンジを施した「ジューク」(欧州仕様)の写真を公開した。

外観はボンネット脇に位置する上部のランプが「フェアレディZ」に似た“ブーメラン”型に改められ、フロントグリルの中心に据えられた“Vシェイプ”のオーナメントが従来より太く力強い形状とされる。これと併せて前後バンパーもよりスポーティーなデザインのものとなる。

エンジンラインナップでは、「DIG-T 115」と呼ばれる新型1.2リッターガソリンターボ(115ps、190Nm)が登場する。また、FF仕様ではラゲッジルームの形状が見直され、荷室容量が従来比40%増の354リッターに拡大される。

一般公開はすでに2014年3月のジュネーブモーターショーで済ませており、欧州では今夏に発売される予定。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る