日産の座間事業所内にある、日産ヘリテージコレクション(記念庫)。およそ430台もの歴代の日産車(市販車、レーシングカー、コンセプトカーほか)を所蔵した、日産ファンの聖地ともいうべき場所である。2014年5月17日、ヘリテージコレクションに隣接するゲストホールで、日産系オーナーズクラブのメンバーを対象に、「510ブルーバード」や「フェアレディ240Z」などの往年のラリー車両開発にまつわる講演会が行われた際に、あわせてコレクションの見学会も実施された。それに同席したリポーターが、所蔵車両のなかから戦後の市販車を中心に独断で選んだ、貴重なモデルを紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)