フォルクスワーゲンGTIロードスター

2014.06.01 画像・写真

独フォルクスワーゲンは2014年5月29日、オーストリアで開催されたファンイベント「GTIミーティング・イン・ヴェルターゼー」で、コンセプトカー「フォルクスワーゲンGTIロードスター ビジョン グランツーリスモ」を公開した。

このクルマは、プレイステーション3用ソフトウエア『グランツーリスモ6』に登場予定の“バーチャルカー”を実車化したもの。オープン2シーターのボディーには503psを生み出す3リッターV6ツインターボエンジンが搭載され、4輪を駆動する。動力性能は0-100km/h加速が3.6秒、最高速は309km/hという設定。

『グランツーリスモ6』のバーチャルカーの方は、2014年6月の無料アップデートで追加される予定という。(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
ホームへ戻る