2014年6月25日、フェラーリ・ジャパンは、新ショールーム「Rosso Scuderia六本木ショールーム」のオープンに合わせ、フェラーリのオーダーメイド部門である「フェラーリ・テーラーメイド」が製作した「458スパイダー」を公開した。

この458スパイダーは、フェラーリ・テーラーメイドの特徴や魅力を紹介するため、フェラーリ・ジャパンの依頼で制作されたものである。

なおフェラーリ・テーラーメイドでは、まず顧客からクルマのテーマやコンセプトを聞き取り、それにそったデザインをマラネロの事業部が提案。その後、顧客との間で細かいすり合わせを行うという手順でクルマを制作しているという。

今回の458スパイダーは“武士道”をテーマに制作されたもので、日の丸を意識したという白と赤のストライプや、兜(かぶと)をデザインしたセンターコンソールのバッヂなどが特徴となっている。

(webCG)

 

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る