NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2011(後編)

2011.12.09 画像・写真

2011年12月4日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2011」が開かれた。今年で15周年を迎えた日産のモータースポーツファン感謝イベントだが、今回のスローガンは「覇者の走りを、焼きつけよ。」。自信たっぷりのその言葉のとおり、今季はSUPER GTのGT500クラスでGT-Rが全8戦中5勝を挙げ、そのうち「S Road MOLA GT-R」がシリーズチャンピオンを獲得。またFIA GT1世界選手権でもGT-Rが王座に輝き、その強さを日本のみならず世界に向けても証明した、ファンにとって忘れがたい年となった。 そうした1年を締めくくるにふさわしく、今回のNISMO FESTIVALには半世紀を超える日産のモータースポーツ史を彩ったドライバーとマシンが一堂に会した「NISSAN RACING DNA RUN」を筆頭に、例年にも増してスペシャルなプログラムが実施された。
なおフィナーレの際に、2012年12月にNISMO本社が現在の東京・大森から、日産の横浜工場がある横浜・鶴見に移転することが発表され、それに伴い来年はNISMO FESTIVALを休止し、2013年によりパワーアップして再開することがアナウンスされた。
好天に恵まれ、日中は12月とは思えないほどの暖かさのなか、昨年より2割近くも多い3万2000人のファンが集まった会場から、リポーターの印象に残ったマシンとシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)
(前編はこちら)

あなたにおすすめの記事
新着記事